読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜村拓夫(・∀・)作品集

頭の中にあるイメージを表現できるデザイン力が欲しいです(><)

移動(てのひらツール)、拡大、縮小、全体表示

Illustratorの基本操作

イラストレーターの操作では、表示領域の拡大・縮小を多用します。

・細かい所を描くときは、拡大する。

・全体を見渡すときは、縮小する。

 

よく使う拡大縮小系の操作(ショートカット)は、体に叩き込んでおく必要があります!

 

●移動(てのひらツール

・スペースキーを押す。

スペースキーを押すと、カーソルがてのひらツールに切り替わります。

スペースキーを押しながら、ドラッグすると、画面の表示領域を移動させることができます。

てのひらツールで、見たい場所を渡り歩くことができます。

 

 

●拡大

 表示領域の拡大は、

・(Win)スペース+Ctrl キー

・(Mac)スペース+Command キー

を押しながら、マウスをクリックすると行えます。

カーソルが虫眼鏡のマークになり、レンズの部分に「+」になっています。

 

●縮小

 表示領域の縮小は、

・(Win)スペース+Ctrl+Alt キー

・(Mac)スペース+Command+Option キー

を押しながら、マウスをクリックすると行えます。

カーソルが虫眼鏡のマークになり、レンズの部分に「ー」になっています。

 

●全体表示

移動・拡大・縮小を繰り返していると、たまに、アートボードがどこに行ったか分からなくなる場合があります。

そんなときは、「全体表示」によって、表示領域をアートボードの部分に戻せばOK。

 

・全体表示は、

・(Win)Ctrl+「0」(数字のゼロ) キー

・(Mac)Command+「0」(数字のゼロ) キー

 で行えます。

 

上記の操作は、ショートカットだけではなく、メニューからも操作できます。

いちいち、メニューから呼び出すのは面倒なので、この4つはショートカットで操作した方が効率が良いと思います。

 

Illustrator トレーニングブック CS6/CS5/CS4対応

Illustrator トレーニングブック CS6/CS5/CS4対応