読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜村拓夫(・∀・)作品集

頭の中にあるイメージを表現できるデザイン力が欲しいです(><)

iOSアプリでGoogle Driveを操作する方法

Swift

最近、SwiftでiOSアプリを作る練習をしています。 \(マイペース)/

ふと思ったのが、データのバックアップをどうするか?ってこと。

 

iOSアプリで毎日体重や血圧を記録して、そのデータをGoogle Drive上にバックアップできたらいいなーと思いました。

 

f:id:hamamuratakuo:20161018160426p:plain

 

Google Drive

Google DriveにはiOS用のAPIが用意されている。

Google DriveのSpreadsheet(Excelみたいなヤツ)は、Google Apps Script(JavaScript)で操作できる。

・データを表の形にして、ついでに折れ線グラフも作成させたい。

 

iPhoneで入力したデータの表やグラフを、

(1) iPhone上で見られる。

(2) Google Drive上でも見られる。

というイメージです。

 

www.google.com

 

developers.google.com

 

developers.google.com

 

blog.lizefield.mobi

↑Swiftで操作する方法が具体的に説明してありました。m(__)m

 

iCloud

Google DriveのSpreadSheetと同様の機能として、Numbers for iCloudがあります。

 

support.apple.com

 

なぜ、iCloudではなく、Google Driveなのか?というと、ベンダーのロックイン(特定の企業によるユーザーの囲い込み)を防ぎたいからです。

 

iCloudAndroidに対応していないみたいですが、Google DriveAndroidにも対応しています。

クロスプラットフォームに対応したアプリを作成して、iPhoneAndroid等の端末間で自分のデータを共有できるようにしたい場合を想定すると、今の段階ではGoogle Driveの方が汎用性が高くて良いのかなー?と思いました。

 

●実装の容易さ

iOSアプリのデータバックアップ先として、iCloudGoogle Driveが使えますが、とりあえず実装しやすい方から試してみて、うまく行ったらGoogle Driveにしてみようと思います。

 

 

hamamuratakuo.hatenablog.com

 

本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 8.x+Swift 3.x対応 (ヤフー黒帯シリーズ)

本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 8.x+Swift 3.x対応 (ヤフー黒帯シリーズ)

 

 

 

 

T.M.Revolution - HOT LIMIT

 

熱い欲望は トルネイド

出すもの出して 素直になりたい