読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜村拓夫(・∀・)作品集

頭の中にあるイメージを表現できるデザイン力が欲しいです(><)

No Pants Subway Ride

何か知らんけど、海外では「No Pants Subway Ride」というお祭り騒ぎがあるそうです。

 

パンツを穿かずに地下鉄に乗ろうよ運動 - Wikipedia

ズボンなし地下鉄乗車(ノーパンツサブウェイライド)(No Pants Subway Ride)は毎年厳寒の1月に開催されているパンツ(日本語のズボン)を穿かずに乗客として地下鉄に乗車するイベントである。

即興の形で始まったが、今日では世界中至る所での都市でコーディネートされている。

 

ニューヨークシティのいたずら集団「インプルーヴ・エヴリーウェア」(Improv Everywhere)が、その創始者の Charlie Toddをリーダーとして、最初のノーパン地下鉄乗車が2002年ニューヨークシティで行われた。

これは非日常的なバカバカしさを共有することで、お金をかけずに集団でユーモアが得られる効果的な遊びであると語っている。

 

2007年以降、世界各地で開催されているが、公式開催には創始者で主催団体である「インプルーヴ・エヴリーウェア』(Improv Everywhere)への開催申請および承認が必要であり、公開イベントとして開催後にその様子を報告、公開することが開催条件となっている。

 

improveverywhere.com

 

 

日本人には馴染みがないけど、ハロウィンみたいなもんかな?(違)

 

jp.reuters.com

 

f:id:hamamuratakuo:20160218210049j:plain

 

f:id:hamamuratakuo:20160218210117j:plain

 

f:id:hamamuratakuo:20160218210151j:plain

 

f:id:hamamuratakuo:20160218210208j:plain

 

 

 

うっかり履き忘れてしまった人が、話題になっていたこともありましたw

 

togetter.com

 

 

 

・非日常的な体験を楽しむ遊び心

・ファッションの一部?(アンダーウェアでも結構オシャレな奴を選んでる?)

・子どもなら喜びそうw

 

 

週刊ジャンプを楽しめなくなったら大人」という都市伝説みたいな話がありますが、この「No Pants Subway Ride」も、しかめっ面で見るようになったら、遊び心がなくなった、ということになるのかも?

 

敢えてやってみようとは思わないけど、子どものころに抱いていたような、ちょっとした遊び心・ユーモアの精神に関しては、見習う部分もあるかな?と思いました。

(・∀・)

 

 

パンツの面目ふんどしの沽券 (ちくま文庫)

パンツの面目ふんどしの沽券 (ちくま文庫)

 

 

スカートの下の劇場 (河出文庫)

スカートの下の劇場 (河出文庫)