読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜村拓夫(・∀・)作品集

頭の中にあるイメージを表現できるデザイン力が欲しいです(><)

新発売 iPad Pro 試用レポート

今日、Apple Store銀座店に行って、iPad ProとApple Pencilを触ってきました。

iPad Pro - Apple

iPad Pro - Apple Pencil - Apple

 

f:id:hamamuratakuo:20151112201507j:plain

 

今日から店頭でiPad Proが販売されており、早速買っている人たちで賑わっていました。

デモ機でApple Pencilの使い心地を試してみましたが、自分の使い道(イラストを描く)には合わないと思ったので、今はまだ「買い」ではないと判断しました。

 

(1) Apple Pencil自体はよくできた製品だと思いました。

(2) Apple Pencilに対応したお絵描きアプリの機能がショボいかんじでした。


Adobe PhotoshopIllustratorなど、グラフィックデザイナー向けの本格的なソフトには、普通「レイヤー」機能が付いています。

 

レイヤー (DTP) - Wikipedia

レイヤー (Layer) とは、グラフィックソフトウェアなどに搭載されている、画像をセル画のように重ねて使うことができる機能のことである。日本語では層、重ね合わせの意味である。

Adobe PhotoshopPainterなどの商用ソフトだけではなく、フリーのグラフィックソフトウェア(GIMPなど)にも搭載されているものがある。

 

本日のデモ機に入っていたペイントアプリには「レイヤー」機能がありませんでした。

=ショボい。

 

これなら、Microsoft Surface Pro4に、レイヤー機能が付いたペイントソフトを入れて使った方が、本格的なイラストが描けると思われます。

 

www.microsoft.com

 

今後、iPad Pro、Apple Pencilに対応した各種ペイントアプリが出てくると予想します。

もしも将来、レイヤー機能が付いている本格的なペイントアプリが、iPad ProやApple Pencilでも使えるようになったら、そのときはiPad Proは使ってみる価値が出てくるのではないかと思いました。

 

iPad Pro自体は、いろんな使い道があると思います。

イラストを描く目的でiPad Proを使用する場合、他の人ならどう使うのかな?

そのうち、インターネット上に、iPad Pro+Apple Pencilでイラスト制作のレビューが出てくるだろうから、様子を見て、使い方を検討してみたいと思います。

 

iPad Proは、イラストを描く道具以外に

・画面が大きくて見やすいタブレット

・ペンが使える入力デバイス

として、いろんな使い道があると思われます。

自分の使いたい目的に合っている人には、即買いなんでしょうね~(^^)/

 

Apple Pencilの人気!?

余談ですが、Apple Pencilをまとめ買いしているお客さんがいました。

Apple Pencilは、あっという間に売り切れになっていたようです。

一人で2本持っていても無駄だと思うんだけど、予備で買っているのかな?

通販だと、出荷予定が4~5週となっていたので、1ヶ月待ちとか長いよね?

 

ひょっとして、まとめ買いしていた人は、転売するつもりだったのかな?(謎)

 

スタイラスペン

他のお客さんが、絵を描いている様子も見てみました。

ある人は、毛筆の形をしたスタイラスペンを持参していて、それで絵を描いていました。

iPad Proは、Apple Pencilがなくても、指でタッチして絵を描けます。

毛筆型のスタイラスペンでも絵が描けて、毛先のタッチに反応しているようでした。

=毛筆っぽい描き味が、ある程度再現できる!?

→どの程度かよく分かりませんが、iPad Proのタッチセンサーは高性能なのかも?

 

以上、iPad Pro発売日の試用レポートでした。(・∀・)